CALLIGRAPHY NOTE

書と哲学

オンライントーク会

書と哲学をテーマに「書の行為に紐づく思想、書の思考性」そこから見る書の「身体知」と、「東洋思想と西洋思想」それぞれの文化を「言語」でとらえ、各テーマに沿い各々専門家の視点から対話します。

 テーマ1.書の身体知(技術と思考性)
      書の行為から見た思想分類(東洋思想と西洋思想)

 テーマ2.言語(漢字のイメージ力、思想と文化や言語)

スピーカー

 金光 秀和                        〔 金沢工業大学・哲学 〕日本
 Verellen Rani ( ヴェレルン・ラーニ)〔 国際交流員 〕ベルギー

 吴睿 (wurui)                            〔 翻訳家、通訳 〕中国
 23 (FUMI)                        〔 美術家、書家 〕日本


日時 2021年8月15日(日)13:00-

 
 

臨書ワークショップ

いろんな右払いを書いて、書(東洋思想)って何かをかんがえよう。

普段は大人向けに稽古を開催していますが、今回子供たちにもわかりやすいテキストを用意しました。

インストラクター

23


特別協力
金光 秀和 〔 金沢工業大学・哲学 〕
黒澤 伸  〔 金沢芸術創造財団 芸術・交流アドバイザー 〕
篠田 卓也 〔 グラフィックデザイナー 〕


日時 2021年8月14日(土)10:00-11:00、16:00-17:00

  


​参加無料 所要時間約40分
会場 金沢市民芸術村(アート工房内)